やさしいインテリア塾

アクセスカウンタ

zoom RSS インテリアコーディネーター資格試験勉強法―1 (独学か?通信か?スクールか?)

<<   作成日時 : 2014/02/03 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

IC小父さんと資格取得を目指す 女子大生Bさん(18歳)
       住宅営業の仕事をされているCさん(30歳)のお話。

女子大生Bさん
 住宅関連の仕事に興味があります。
 就職活動にも有利なICの資格を費用が少なくて合格する方法はありますか?

IC小父さん
 費用の面では、独学⇒通信⇒スクールの順番といえます。
 それぞれのメリット、デメリットをしっかりと把握して、
 試験対策勉強を計画しなければ良い結果は得られません。
 低い投資額でも不合格であれば無駄なお金を使ったことになりますね。

住宅営業Cさん 
 私の場合は、合格すれば資格手当てが支給されますので
 多少の費用はかけられますが、仕事の関係で決められた曜日に
 多くの時間を確保することが難しい事情があるので、
 どんな勉強の仕方が良いか迷っています。


IC小父さん
 まず、費用の面で考えてみましょう
 独学は最低でもハンドブック2冊+過去問題集1冊で1万円は超えます。
 いろいろと参考書など購入すると2万円程度は必要ですね

【ポイント】
  ⇒資料は多ければ良いとはいえませんので自分に合ったものを!
  ⇒勉強の仕方で揃えるものも変わります!

 次に、通信ですがいろいろな通信講座がありますが、
 それぞれに教材や内容に違いや特徴があります。
 教材+簡単な添削付で3万〜5万円程度からが一般的です。

【アドバイス】
  ⇒大手の通信講座の内容を見ましたが
   内容も資格取得対策以外の教材もあり、金額にしては充実していました。
   残念ながら通信の場合には、先に内容が確認できませんので、
   通信講座を受けた人が周りにいれば見せてもらうのも良い方法ですね。
画像
 
画像

            改訂になったハンドブック 上下各¥4515-(税込み) 
            インテリア産業協会ホームページより

 
 最後にスクールですが、ここでは2年程度終了のスクールは除いて、
 お話を進めましょう。
 スクールのスタイルもいろいろバリエーションがあります。
 費用の安いビデオ講座スタイルとライブ講座と大きく分けられます。

 通学のビデオ講座は優秀な講師の講義ですので内容も洗練されていますが
 質問にすぐに回答はされないのが一般的で、通信に近い部分があります。

 ライブ講座は講師との直接のコミュニケーションが可能ですが
 費用は高くなります。
 ただし、合格率が高くても大人数での講座では合格後の人脈を広げるなど
 ライブ講座のメリットは少なくなります。

 【アドバイス】
   ⇒通学講座では講座の営業担当者が相談や面談をしてくれます。
    合格率の高さなど良い面を中心に話してくれます。
   ⇒合格率はあまり関係ありません。勉強するのはあなたです
     講座の見学、担当講師との直接面談による相性の確認、
   教材やカリキュラムの確認など
  大きな費用に見合う内容かを自分自身で確認してください。


住宅営業Cさん 

 いろいろあって、どれが良いか選択に迷いますね
 

女子大生Bさん
 
 合格した人から体験談を聞きましたが同じようにできるか不安です?


IC小父さん
 他の人に良くても、条件が違う自分に合っているかは別ですね
 あくまでも自分の条件で選択すべきです。

【アドバイス】
 ⇒合格への近道はありません!
  遠回りや、途中で挫折しないことが肝心です!!


 もう少し、具体的なお話は次回としましょう
  次回に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インテリアコーディネーター資格試験勉強法―1 (独学か?通信か?スクールか?) やさしいインテリア塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる