やさしいインテリア塾

アクセスカウンタ

zoom RSS インテリアコーディネーター資格試験勉強法‐3 (効果的な2次試験対策法は?)

<<   作成日時 : 2014/02/17 21:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

IC小父さんと2次試験の結果が良くなかった 
主婦のDさん(30歳代)とのお話。


主婦のDさん
 1次試験は合格でしたが、2次試験の結果が良くなく、
来年も再チャレンジしたいのですが、勉強法など対策はありますか?


IC小父さん
 残念な結果ですが、結果を良い方向で捉えましょう
 1次試験と違い、知識だけでは合格できないのが2次試験です。
 仮に、今の実力でプロとして仕事をした場合に、知識や感性だけで
十分に能力を発揮できるかを考えてみると当然、不安が出てくるはずです。

特に2次試験で要求される計画面や作図表現面の能力が不足では、
アシスタント業務からスタートされても苦労は大きくなるはずですね。

結果を良いほうに考えて、1年の準備期間を実務でも使えるような勉強や
トレーニングをされることです。
 
画像

インテリアコーディネーター2次試験(プレゼンテーション試験解答例)


主婦のDさん
 何が不合格の原因かが解りません?


IC小父さん
 2次試験のうち小論文的な出題では、課題と内容が違っていたり、
指定の文字数の範囲で無いなどでない限り不合格の評価はしにくいはずです。
やはりプレゼンテーションの解答が条件に合った計画内容で、
的確な作図表現が時間内で解答できたかがポイントですね。

特に時間内での解答が絶対的な条件で、解答欄に空欄があると
他の解答欄の完成度が高くても採点の対象からはずされる事にもなります。

先ず、解答欄に空欄が無かったか?
次に課題条件を満足させた計画内容となっていたか?
動線計画や寸法計画に間違いが無かったか?
作図表現が基本ルールに沿った作図となっていたか?
要求の事項(各エレメント、寸法、品名など)が表記されていたか?

これらが総合的に時間内である程度のレベルの解答となっていたか?
などで採点されるはずです。

合格者の中でもレベル差は当然あるはず。
課題で要求されている計画内容であれば
多少のミスや誤記だけでは不合格になることはないはずです。

お話した項目を再確認して、何が原因かを把握してください。


主婦のDさん
 不合格の原因かが把握できたら、それらに対して具体的な対策はありますか?


IC小父さん
 不合格の多くの方に共通していることは、
時間内で解答ができなかった、
時間が不足で解答内容が不十分だった、
計画はできたが作図の時間が足りなかった など
短い時間で計画と作図をすることが合否のポイントとなるはずです。

細かい受験のためのテクニックは別として
いかに早く課題の要求項目を把握し、的確な計画をし、
スピーディーに作図するかのトレーニングすることが
合格のための必要条件となるはずです。

普段からCADで図面を作成しているため、図面には慣れている人や
デザイン学校に通い計画に関しては他の人に比べ実力がある人など
普通では合格の確率が高いと思われる人が不合格になる原因も
時間内での解答ができなかったことと思われます。

このため時間内での解答作成をポイントに、
勉強とトレーニングをされることをお勧めします。

せっかく合格をしても、受験テクニックにより、なんとなく合格すると
実務で恥をかいたり、仕事がこなせなくなったりすることもあります。

具体的な勉強法、トレーニング法については
計画面、作図面、解答作成テクニック面に分けて、
実務にも役立つことも合わせてあらためてお話をすることといたしましょう

 先ずは、楽しく勉強、楽しくトレーニングで目標を達成しましょう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インテリアコーディネーター資格試験勉強法‐3 (効果的な2次試験対策法は?) やさしいインテリア塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる