やさしいインテリア塾

アクセスカウンタ

zoom RSS リフォーム計画その前に マンション編ー2

<<   作成日時 : 2014/04/21 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コーディネーターリフォーム実務編―2

リフォーム計画の依頼を受けたコーディネーターEさん(30歳代)と
IC小父さんとのお話の続き。

コーディネーターEさん
 前回はマンションのキッチンを中心としたリフォーム計画の
インテリアデザイン以外で配慮や特に注意が必要なことについて
お聞きしましたが、
鉄筋コンクリート構造の特徴や集合住宅での設備について
計画上でのポイントや注意点を聞きたいのですが?


IC小父さん
 はじめに構造方式についてポイントをお話ししましょう

鉄筋コンクリート造の中高層共同住宅では、
一般的に大きく2つの構造方式に分類されます。
1つは太い柱とそれを繋ぐ太い梁で構成されているラーメン構造
そして、柱、梁がなく、床版と壁版で構成される壁式構造があります。

壁構造では、建築基準法で高さや階数に基準があり、
階数が5階建てまでが最大のため
エレベーターのない建物が多く見られます。
このため高齢者が対象のリフォーム計画では
中長期的なライフステージの変化にともなう
車椅子への対応など十分に配慮する必要があります。

画像

       ■ラーメン構造の建物の外観

構造上ではラーメン構造は大きな柱型や梁型があり、
計画上のポイントとなります。
特に柱型は平面図などでしっかりと明示されているのですが、
梁型は平面図では読み取れないため工事時点ではじめて問題に
気がつくことが多くあります。この時点では遅すぎますので、
現場の確認は必ず行い、天井裏にある隠れた梁やダクトなどの
確認のため、
関係図面のチェックなど十分に準備と検討が必要となります。

壁式構造の場合は大きな柱や梁型が無いため計画がしやすいように
思われますが、
一般的には内部に鉄筋コンクリートの耐力壁があります。
このためラーメン構造のように間仕切壁をすべてなくした
完全なスケルトン状態にすることはできません。

画像

         ■壁式構造の建物の外観

特に注意が必要なことは、
耐力壁のラインに鉄筋コンクリート造の垂壁があり開放的な
空間が造りにくい点と、あらかじめある換気ダクトなどの
垂壁部分の貫通口を除き、新たに貫通口を設けることは
出来ませんので、キッチンレイアウトの変更などで制約が
でてきます。


コーディネーターEさん
 鉄筋コンクリート造の場合で木造と違う点で特に注意することは
何ですか?また、仕上材の選定などで問題となることはありますか?


IC小父さん
 仕上面では木造と違う点は特にありませんが、
下地の構成が木造と違う場合があるので注意が必要です。

はじめに確認しておきたいことは、
直床か二重床か? 直天井か二重天井か?
これは床下、天井裏を設備配管、配線に利用できるか?と、
新たな仕上材選定で制約があるかの重要なポイントなります。

また、スケルトンリフォームの場合は下地から
新たに施工するため特に心配は要りませんが、
部分リフォームでは、既存の壁下地、天井下地を
利用する場合があるため注意が必要です。
例えば、壁や天井の下地に鋼製のスタッド(タテ枠材)、
野縁材が用いられている場合が多く木製とは違い
簡単に釘などで固定が出来ないことがあります。
また、外周壁側にボードやボード複合断熱材が
用いられている場合などは、下地がないため
キャビネット類の取付が簡単に出来ないことが
考えられます。 
 

コーディネーターEさん
 いろいろとお話を伺うとたくさんの問題があって、
お客様が望むようなプランニングが
難しいのではと感じ、不安が大きくなってきました。


IC小父さん
 確かに、たくさんの注意点があり、計画上も検討することが
多くあります。
ただし、工法の特徴が理解されていれば、対策を講じ、
お客様の要望される内容の計画の実現が可能となります。

次回は設備の方式なども含め対応策と注意点などを
お話したいと思います。

最後に鉄筋コンクリート造での最大の注意点は、
鉄筋でコンクリートで補強するRC造は鉄筋を切断することは
構造上問題となりますので、新たに穴を開けたり
開口部を設けることは避けるべきです。
くれぐれも注意をしてください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
リフォーム計画その前に マンション編ー2 やさしいインテリア塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる