やさしいインテリア塾

アクセスカウンタ

zoom RSS ウカル技術 IC1次試験編 その1(直前対策)

<<   作成日時 : 2014/09/21 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ICおじさんのヒロボッチです。

いよいよインテリアコーディネーター資格試験の10月12日(日)に20日余りとなりました。

今回初めて受験されるKさんと、科目合格のMさんのお二人から、
直前の対策について質問がありましたので、
簡単にポイントなどをお話しします。
 
画像


合格のポイント

1、 試験日までの時間を最大限有効に使うこと
  

  1日学習時間が8時間ある人は8時間×20日=160時間あります。
  160時間ある人であれば、ハンドブック2冊を読み整理し、過去問題を
  チェックすることは不可能ではないかもしれません。
  
  しかし、1日の多くの学習時間が確保できない場合には、
  的を絞った対策が合格には絶対に必要な時期です。
  
  仮に2時間の確保ができたとして
  2時間×20日=40時間となり、過去問題一問を4分で解答し、
  解説読んだり、ハンドブックの関連ページの確認などに6分で
  合計一問10分で240問の解答が可能と考えられます。
  このため、前年までの2分野での出題数は25問×2分野で
  合計50問となりますので、5年分の解答と正答確認が限界です。

  これらのことから、この時期の対策としては、
  試験のための準備をしっかり計画され、実行されている方を除き、
  過去問題の解答や参考書の問題の解答に的を絞ることをお勧めします。

  ただし、注意しなければならないことは、ただ問題の解答をするだけでなく、
  頻繁に問題に登場する用語や数値は確実に整理しておくことが
  合格ラインにとどく条件となります。
  くれぐれも、うる覚えは避けてください。本番で解答に迷うことにつながります。

2、今から本番と同じ条件で解答トレーニングをすること!!

  問題の解答には常に一問4分以内で解答すること
  これは、過去の分野別の出題数が25問で100分からで、
  今年度から実施の160分の試験でも出題数は40問ではないかと考えられます。
  
  ただし、問題数は発表されていませんが、科目合格者の問題と難易度を
  変えることは、不公平となるはずで、これを避けるんは、ほぼ同様の難易度と
  なるのではないかと思われます。

  特に160分の試験では、集中力を持続させることが合格点をとるポイントとなります。
  一問4分以内の解答ペースは、40問出題の場合で12時30分開始で、
  第10問が13時10分、第20問13時50分、第30問14時30分、
  最終40問が15時10分以前に終了していればよいわけで、開始時に問題用紙の
  一部にメモしておけばあわてずに解答できるはずです。
  こらは、科目合格者用の試験でも第10問が13時10分、第20間が13時50分、
  最終第25問が14時10分以前に解答するペースでよいので安心です。

3、この時期に難しい問題でなやまないこと!!

  
  
  IC資格試験は満点を求める試験ではありません。

  出題の中には難易度な高い問題がいくつか含まれます。
  参考書や受験対策校の解答例でも違いがみられる問題も時折あります。
  これは、プロでも解答に迷う設問があるということです。

  必要なことは、合格ライン内の得点になることです。
  出題率の高い設問で確実に得点することが合格につながることになります。
  
  なるべく数多くの問題を解答し、
  出題率の高い用語、数値を確実に自分のものとしておくことです。
  

さあ、あと約20日間です。プレッシャーを楽しんで、最後のひと踏ん張りです。
自信を持って試験に臨み、合格通知を待ちましょう!!

また、超直前に参考になることがあればお話しいたすこととします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウカル技術 IC1次試験編 その1(直前対策) やさしいインテリア塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる