やさしいインテリア塾

アクセスカウンタ

zoom RSS ウカル技術 IC1次試験編 その2(直前対策)

<<   作成日時 : 2014/09/23 12:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ICおじさんのヒロボッチです。

インテリアコーディネーター資格試験日まで残り20日を切りました。

前回の合格のポイントに引き続き、準備と対策ポイントを
お話しします。
画像

               ■昨年度の課題用紙と解答用紙

合格のポイント

1、不合格となる原因をつくらない!
 
   ケース1 : 解答用紙のマークの位置を間違えたため多くの解答が不正解と
           なってしまった。
           よくあるケース⇒自信がないため、マークを後回し、
           段がずれてしまった。

   対 策  : 課題用紙は持ち帰れるため、課題用紙の問題番号に
           見直し問題としてのマークをしておき、
           解答用紙にはとりあえずマークしておき、
           再度見直し確実な解答とする。

   
   ケース2 : 設問で適当か?不適当か?を解答する問題で、勘違いで逆の
           解答をしてしまった。

   対 策  : 問題の設問番号に○ × △(どちらとも決めきれない)などの
           マークを決めておき、
           問題文の最も不適当または最も適当なもの2つのところに
           解答番号を書いておく。
           不適当と思われる問題文の不適当部分にアンダーラインを
           引いておくと、
           見直しの時に時間をかけずに確認がしやすくなります。

2、うる覚えの用語や数値を確実に再確認する!   
   せっかく学習していた内容も解答時に迷ってしまっては、
   合格につながりません。
   この時期では問題チェック時に用語や数値は確実に覚えておきましょう

   ヒント : 用語、作品名、作家名などは、まとめて覚えてしまう。
         
         反対の意味を持つ用語などもまとめて覚える。
         一つ内容を確実にしておけば、迷わず解答できます。

         数値などは基準となるものを確実にしておくと、それをもとに
         答を導き出すことは、より正答に近くなります。

3、160分の試験は集中力の維持が合格のポイントです!
   試験会場ではいろいろなプレッシャーに感じることがあります。
   それらをプレッシャーとならなくするトレーニングも必要です。
   
   アドバイス:多くの人がいる電車の中で一駅区間で一問を解答するのも
          時間内解答のプレッシャーを感じながら3分程度の時間で
          集中して解答するトレーニングにもなります。
         

試験直前の時期では、
後悔や反省はプラスになりません。

早く準備しておけば、これもやりたい、これもやらねばと
考えるより、やれることを確実にこなすことが大切です。

プラス思考で後ひと踏ん張り頑張ってみましょう!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウカル技術 IC1次試験編 その2(直前対策) やさしいインテリア塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる