やさしいインテリア塾

アクセスカウンタ

zoom RSS IC おじさんのプチリフォーム-1

<<   作成日時 : 2016/05/28 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ICおじさんのヒロボッチです。

今回は、椅子座面の張替えリフォームのお話です。




今年も庭のアカンサスの花が咲きはじめました。

この花が咲きだすと毎年、ウイリアム・モリスのことが頭をよぎります。

画像



そういえば、リバティープリントの厚手の生地があったことを思い出しました。

生地の量は少ないですが、この生地を活かして何かできないか?

1脚分の座面の張り地には十分です。


画像


さて、対象となる椅子ですが、使用中のダインニングチェア一脚のみでは不自然です。

そいえば、母が生前いつもテレビ見るときに使っていた座面高さの低い
リビングダイニングチェアが処分できずにあることを思い出しました。

このいすは、叔父の木工所で製作され母のためにとわざわざ送られてきたものです。
思い出とともに蘇ればと 早速、作業スタートです。

画像



はじめに座面を外し、フレームのクリーニングです。

使い込まれた椅子のフレームはトップコートの剥がれている部分もあり、

塗り直しも考えましたが、先ずは手入れだけとして重曹液で汚れを落とし

水ふきの後、乾燥させからチークオイルでオイルフィニッシュ仕上げです。

適当なツヤも出てまだまだ十分に使える状態となりました。




次は、座面にはリバティープリントの張り地をタッカー止めです。

ホームセンターや100ショップなどで購入できる簡単なタッカーで

作業でしたが、

ICおじさんとしてはそこそこ満足のできる張り上がりとなりました。

画像



なかなか処分がしずらい思いのある椅子は、

簡単なクリーニングと座面の張替えなどで十分に使用ができる状態となります。

特にチークオイル拭きは古味感もあり趣のある仕上がりでオススメです。

時間も手間もあまりかからず物が蘇るプチリフォームのご案内でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IC おじさんのプチリフォーム-1 やさしいインテリア塾/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる